人気ブログランキング |

平気でうそをつく人たち

平気でうそをつく人たち―虚偽と邪悪の心理学

という本を読みました。




ずいぶん前に書かれた本らしいです。

まだまだ科学的には未熟でわからないことだらけだそうですが。



「悪というものは、自分自身の罪の意識を拒否することから生じるもの」

その始まりは「うそ」から始まる。

自分が「不完全である」という事実を受け入れられないために、
ナルシシズム(自己愛)の領域を犯されることにひどく抵抗。

犠牲になるのは周りの人たちで、嘘をつく本人は自分が責められない限り、自分自身の罪の意識を潜在的に拒否。

拒否するためにまたうそをつき、

避難されることを酷く嫌い、増して「傲慢」でかつ「侵入的」な方法になる。

場合によっては、自らが「被害者」になりすます。



ん・・・・なんだか私がまとめるとかなり言葉が幼稚ですが。。。(^^;




自らが精神的障害として病院に行くことはなく治療することは困難。

平気でうそをつく部類の人間がいる身近にいる場合、周りの人間は精神的に苦痛を強いられうつ病等を発症しやすくなる。

特に子供が被害にあうことが多い。




自分が変われば相手も変わるなんていう問題ではなく、

虚偽の人間とは関わりを絶つしか方法はないんだなぁと感じました。
by mayako_0511 | 2013-07-31 13:11 | つれづれ
<< 玉川学園夏祭り@20130727 「ぬ」Live@立川いったい祭... >>